BOAが3つ(アウター上部・下部、インナー)装備のハイエンドモデル。昔からK2は板にしてもブーツにしても最上位モデルは「こんなんできますけど何か?」的な製造技術を見せつけてくれるのが楽しい。

BOAワイヤーの通し方で、一番下ワイヤー通し部分とBOAダイヤルの間に3個の位置固定パーツがありますよね?つま先付近はそれほど締める必要がないからワイヤーの間隔が広くて、足首が曲がる部分はホールド性を高めるために間隔を狭くする。ちなみに靴紐も同じですが、左右のパネルを紐を使って締める(近づける)場合には紐の角度を15度以下に抑えると効率的。いかに少ないパーツで15度以下にするか?で完成されたのが今の形。

着脱の容易さなどを無視してフィット感(ホールド感)を追求したら、アイススケートの靴みたいになるわけです。そもそもBOAを開発した方はお子さんがスケート靴の紐を締めているのを見て「こんなん大変だろ?」と思ってBOAを作ったらしいです。器用な父ちゃんだなと思ったら外科のドクターだそうで。

21-22モデルでの大きな変更点としてインナータンにマジックテープが付きました。ベルト状のベルクロは元々付いていたのですが、滑っているとインナータンが左右に捻じれて(回る)しまうという声があり、インナータンの両サイドにマジックテープを装着したことで解決。ちなみにTHRAXISよりも下位グレードのブーツはベルクロ無しで、インナータンにマジックテープ固定なので、なぜ今までTHRAXISには無かったのか?と聞かれると困る・・・。

インナーの↑ココにゴムベルトが付きました。このベルトの役割はインナーのホールドうんぬんでなく、K2のブーツ構造で特徴的な”BOA CONDA”と呼ばれるインナーとアウターの間に入るパーツでカカトを浮かないようにするのですが、このパーツの「当たり方」が微妙で片側がインナーの中に入ってしまったり、気にせずに締め込んでいたらパーツが変形していたなどの問題がありました。

↑これが”BOA CONDA”。そういう問題をクリアするために「インナーにベルト付ければ大丈夫じゃね?」と超簡単な解決策ができたわけです。CONDAの素材や形状など毎年苦労を重ねてきたのに・・・難しく考え過ぎちゃダメなんだなぁ・・・。

白い帯状の補強パーツが付きました。インナーも「折れクセ」が付くと急にフレックスが弱くなりますからね。THRAXISはココが折れやすかったもんなぁ。

サイドが補強されたので、当然それを支えるバックパネル(カカト周りから背面全体)も随分と補強されました。痛みやすい部分なのでアリガタイ。「デュラブル」ってやつですね。

これは前モデルからの継続ですが「スペースヒーター」という体温反射パネルが使われていて足が冷えづらいです。銀色のアレです。

アウターのバックパネルも頑丈です。ココがバインと擦れて痛みやすいんですよね。ソールのゴム部分は削れやすいので定期的にチェックされたほうが良いです。補修する場合はホームセンターや靴屋で売ってるカカト補修剤でOKです。写真を撮り忘れましたが、THRAXISのソールは登山される方にはお馴染みのビブラムソールです。

アウター下部のBOAを開放すると↑このようにココが開きます。インナーBOAのおかげで、アウターを緩めてもカカト浮きは起こらないのでフレックスを自在に設定できるのがTHRAXIS最大の特徴。アウター上部を緩めた場合と、下部を緩めた場合とでフレックスのフィーリングが変わります。バインディングのアンクルストラップとのマッチングもあるので、滑りながら自分の好みを探す楽しみがあります。本当に懐の深いブーツですのでジックリ付き合ってみていただきたい。

K2 THRAXIS 販売価格 58000円(税別)。サイズ展開は 25cm~(以下サイズはすでにメーカー完売)。QUESTでも販売(現在は予約受付中)しておりますので、よろしくどーぞ。

ズゴックは付きません。

↑ メーカーカタログより

このブーツはスゴイんです。言葉で説明が難しいので図解しますと普通のブーツというのはアウターのつま先上部分とタンの先端を縫製します。

当たり前過ぎて、この構造に疑問すら感じていませんでした。しかしココを縫製するということは・・・

ココがアウター・タンを動かす際の「支点」になります。脱ぐときはガバッと起こして、履くときはグイッと足に添わせる。

ここで見落としがちなのが、足が細い方の場合タンは足側に倒れてタン上部が主に接する形になる。

逆に足が太い場合はタンが起きるのでタン下部が主に接するようになる。もちろん、こういうことを想定したタンの成型角度で対応範囲が広くできるよう作られてはいます。しかし・・・

この支点を固定せずに間に布を入れる!たかがそれだけのことで何が起きると思いますか?

こんなタンの位置を見たことがありますか?見た瞬間に「このブーツ壊れてね?」と思う違和感。支点がフリーなのでインナーを抜いてタンをグイッと下に押してみると、このくらい下がっちゃいます。構造名は「フローティング・タン」と言います。

もう一度言いますが、たかがそれだけのことでアウター・タンというブーツの剛性やフィッティングにおいて極めて重要な部分が足の太さに関係なく完璧にピタッと欲しい場所に、あるべき場所にフィットするわけです。ゴイスーです。思いついた人に拍手したい。

ただし、ここをフレキシブルにするということの問題点が「雪入るんじゃね?」問題。タンの足首下部は雪が入らないように通常はサイドにも防雪の布が付いているので、この布を縫製したらせっかく「自由」な動きの邪魔になる。そこでファスナーが付いたカバーを外側に設けて雪の進入を防いでいます。これは冬季用の登山靴に見られる構造です。

他にも’92の特徴をご紹介しておきますと、あまり見かけなくなった「ラップインナー」を採用しています。ラップインナーというのは

足をグルッと包む(ラップ)ような形をしたインナーです。タンが別体ではないのでホールド性に優れます。

アウタータンが「スライムタン」という名称のウレタン素材。このスライムタンが驚きの効果を生んでいるのですが、一般的にブーツは「硬い」「柔らかい」で表現されますが、’92は膝を曲げると柔らかいというよりは「しなやか」な感じ。そこまでは驚かないのですが、曲げた膝は当然戻しますよね?そのときの戻り方が普通のブーツと違う。グイッとブーツが戻してくる。最初「?」という感じで何か自分の膝がおかしいのか?と思いましたが膝を曲げたときのブーツの剛性感に対して、(ブーツが)押し戻してくる力が強い。このスゴさが伝わるかなぁ?

で、その動きを助けているのが背面側のこの部分。頑丈なのもアリガタイ。だいたいブーツの後ろ面がバインと干渉して破損しちゃうことが多いので。

ソールはミシュランです。ムッシュ・ビバンダムさんが手を振っています。足裏の薄さはたぶんNo.1だと思います。足裏感覚ウンヌン言う人は一度履いてみるべきでしょう。

販売価格は55000円(税別)になります。サイズ展開は25cm~。QUESTでも販売(現在は予約受付中)しておりますので、よろしくどーぞ。

ズゴックは付きません。

一年中チューンナップの受付は行っておりますが、5月31日までは『アップグレードサービス』を行っております。QUESTのチューンナップには「カスタムチューン」「カスタムヒート」「ブラックバード(レース仕様)」と3つのコースがあり、期間中はカスタムチューンをお申込みいただくと同額でカスタムヒートへとアップグレードされます。

すべてのコースで滑走面の研磨、エッヂの研磨、ワックスのベースメイク処理を施しますので、お渡しした時点でワックスを剥がせばすぐに滑走できる状態になっています。よりワックスの持続性を高める作業を行うものが「カスタムヒート」より摩擦を軽減しスピードを追求したものが「ブラックバード」。カスタムチューンでも一般的なチューンナップ屋さんとの違いは充分体感できますが、カスタムヒートの持続力は普段のメンテナンスで楽ができます。

是非、QUEST TUNE を体感してみてください。スノーボードがいま以上に楽しくなると思います。